集塵効果を上げられるマルチサイクロン

工業用の機器として外せないのがマルチサイクロンです。


これは集塵する事ができる機器で多数の小型サイクロンが羅刹している形状となっています。

圧力損失はほとんど変化がないため処理ガス量が多いときにも効率よく効果を上げる事ができるのが特徴です。主にボイラの煙道ガスの中に含まれている飛散灰を除去したい時に利用します。


マルチサイクロンは大風量処理を行う事ができるので接地面積当たりの処理風量をバグフィルターと比べてみると非常に大きく使いやすいです。

評判が高いマルチサイクロンの情報収集がもっと楽になります。

省スペースでも効率よく集塵可能なので理想的と言えるでしょう。

商品によっては」火災対策や高温ガス対策を行っています。



エアジェットを装備する機器なら運転中にクリーニングできる力も持っているのが特徴です。
原理と構造ですがマルチサイクロンは旋回気流で粒子を分離してしまう遠心力式を採用します。ガイドベーンを通過するときにガスが加速されてサイクロン内で強力な下流旋回流になる仕組みです。


また高い遠心力を受けて旋回流と下降するとホッパーへは排出されるのが特徴となっています。
さらに洗浄ガスとして廃棄されるのも魅力です。
マルチサイクロンは井水や海水中の水質を改善したいときにも使える機器で、ろ過器としても活躍してくれます。
汚れた水を入れてサイクロンの遠心力により水の中の汚れを底に堆積するのが特徴です。



これにより機器を通った水はきれいになるので便利といえます。製造工業に依頼するとこれらの機器は導入できるので検討してみましょう。